ウォータースタンド 支払い方法

ウォータースタンドの支払い方法を詳しく解説!

ウォータースタンドの支払い方法

 

 

ウォータースタンドは定額制で使い放題なので、安く使えそうですね。

 

 

そして実際に申し込むとなると、どんな支払い方法が使えるのか気になるのではないでしょうか?

 

 

 

自分が利用したい支払い方法が使えないなら、そもそも選択肢から外さないといけないかもしれませんませんからね。

 

 

 

 

 

実は、ウォータースタンドには条件付きの支払い方法があるので注意が必要なんです。

 

 

 

 

 

そこでウォータースタンドの支払い方法を選択するときの特徴をまとめました。

 

 

同時に、支払い方法を登録するときの流れも解説しているので、最後まで読んで参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 


ウォータースタンドで使える支払い方法と注意点!

ウォータースタンドの支払い方法と注意点

 

 

ウォータースタンドの支払い方法は次の3通りがあります。

 

 

 

  1. クレジットカード
  2. キャリア決済
  3. 口座振替

 

 

 

 

ただし、利用には条件がつくものもあるので、支払い方法は詳細をしっかり確認してください。

 

 

 

 

ウォータースタンドの支払方法@クレジットカード

 

 

ウォータースタンドの支払いで使えるクレジットカードは、次の7種類です。

 

 

  • ニコス
  • JCB
  • VISA
  • マスター
  • ダイナース
  • UFJ
  • アメリカンエキスプレス

 

 

手元にあるクレジットカードに、下記のマークが付いていれば使えます。

 

 

ウォータースタンドで使えるクレジットカード

 

 

 

 

クレジットカード支払いにすると引き落とし日はカード会社によって異なるため、引き落とし日の確認はカード会社に問い合わせが必要です。

 

 

 

 

 

ちなみに、以前ウォータースタンドの支払い方法はこのクレジットカード決済のみでした。

 

 

 

それが今ではサービス対応エリア拡大と共に、”キャリア決済”も利用できるようになっています。

 

 

 

 

 

ウォータースタンドの支払方法Aキャリア決済

 

 

2つ目の支払い方法は携帯のキャリア決済です。

 

 

キャリア決済を初めて聞いたなら、「キャリア決済って何?」と思うかもしれませんね。

 

 

 

キャリア決済というのは携帯会社(=キャリア)でまとめて支払うことです。

 

 

 

 

携帯の料金と一緒にまとめて支払うので、あちこちバラバラにならずに支払い日が分かりやすくなるメリットがあります。

 

 

 

 

つまり、携帯料金の支払い日がウォータースタンドの支払い日になります。

 

 

 

 

 

ウォータースタンドの支払方法B銀行の口座振替

 

 

銀行引き落としを使うためには、「法人」の申し込みが条件です。

 

 

つまり一般家庭で利用するときには、クレジットカードかキャリア決済のみということになります。

 

 

 

 

 

ウォータースタンドが口座振替に対応していない理由

 

 

ウォータースタンドの担当さんに突っ込んで聞いたわけではありませんが、次の2つの理由から口座振替をしていないのだと思います。

 

 

  1. 定額料金で支払いが一定
  2. 手数料発生の利用者負担をなくすため

 

 

 

ウォータースタンドは定額制のため、毎月の料金が一定で使えますよね?

 

 

ということは、宅配水ウォーターサーバーと違い、毎月の使用料や金額のチェックは不要。

 

 

 

クレジットカード会社や携帯会社におまかせすれば経費削減になるので、その分を利用者の負担にしなくていいということです。

 

 

 

つまり、利用者とウォータースタンドの双方にメリットがあるわけです。

 

 

 

<<コンビニ支払いや振込みはできない?>>

 

ウォータースタンドではコンビニ支払いや振込み、オンライン支払などは出来ません。

 

クレジット決済、またはキャリア決済のどちらかを選ぶことになります。

 

 

 


ウォータースタンドの支払い方法の登録はカンタン!

 

 

ウォータースタンドの支払い方法の登録方法について紹介します。

 

 

 

クレジットカードの登録方法

 

 

クレジットカードの登録は、初回設置のあとにこういった機械にカードを通します。

 

 

▼カード登録用の機械▼

ウォータースタンドのクレジットカード登録機器

 

 

 

 

このときには引き落としはかからず、正確な日割り料金を計算して後日支払いになります。

 

 

 

もし手元にカードがなければ、専用の用紙に書いて郵送することも可能です。

 

 

 

 

<<デビットカードは使える?>>

 

デビットカードは会社によって使えるカード、使えないカードがあるそうです。

 

詳しくはお試し利用の際などに聞いてみるといいですね。

 

 

 

キャリア決済の登録方法

 

キャリア決済はQRコード読み取りで登録します。

 

 

▼キャリア決済QRコード▼

ウォータースタンドのQRコード

 

 

 

 

QRコードを読み取って送ると、ウォータースタンドから折り返しメールで登録用のリンクが送られてきます。

 

 

▼キャリア決済登録用リンク▼

ウォータースタンドのキャリア決済の登録リンク

 

 

 

 

そのリンクからキャリア決済を申し込めば完了です。

 

 

▼キャリア決済申し込み▼

ウォータースタンドのキャリア決済

 

 

 

なお、キャリア決済は3大キャリア(docomo/au/SoftBank)のみです。

 

 

 

 

 

<<ウォータースタンドの支払い方法が使えないときはどうする?>>

 

もし、クレジットカードを持っていなくて格安SIMを使っている場合は、ウォータースタンドの利用ができないことになります。

 

その場合は、ウォータースタンドで新しいクレジットカードを申し込むこともできるので、相談してみるといいですよ。

 

 

 

ウォータースタンドは10万世帯が納得する支払い方法

ウォータースタンドの支払い方法は多くの利用者が納得!

 

 

ウォータースタンドの支払いはクレジットカードまたはキャリア決済のどちらかを使うことになるので、選択肢が少ないと感じるかもしれません。

 

 

しかし、それも利用者にできるだけ安く使えるように、不要なコストがかからないように配慮してのことです。

 

 

 

 

 

そのおかげでわが家ではジャブジャブ水を使っても、月々わずか4,298円(3,980円+税)の利用料金だけで済んでいます

 

 

ウォータースタンドの月額料金

 

 

 

 

 

それもこれも、ウォータースタンドが水道直結で定額制で使えるからです。

 

 

 

 

 

クレジットカードの支払いだけだったときにも、ウォータースタンドは関東地方で10万世帯以上に使われていました。

 

 

そのくらい満足度の高いウォータースタンドは、「ぜったいに口座振替でないとイヤだ!」ということでなければおススメです。

 

 

 

 

今ではキャリア決済にも対応して、全国に対応可能エリアが拡大中ですから利用しやすくなっています。

 

 

 

 

 

実際に使うかどうかを迷っているなら、無料で使えるお試しを使ってみるといいですよ。

 

 

私も無料お試しを使ってみて、利用を決めましたから^^

 

 

 

 

私がウォータースタンド設置前に利用したお試しの様子をまとめているので参考にしてみてください。

 

 

ウォータースタンドのお試しした様子を写真付きで紹介している記事はこちら⇒

 

 

 

お試しは無料!ウォータースタンドの公式サイトで詳細をチェックするにはこちら⇒

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 


page top